東住吉冤罪事件と性的虐待

「あの事件は今!Vol.7」

冤罪で20年の収監。だが事件当時の性的虐待については何も…

【事件概要】
1995年に発生した事件。
青木惠子(元被告)51歳と内縁関係にあった朴龍晧(元被告)49歳が共謀し、青木長女に保険金をかけた上で朴龍晧が自宅に放火し、長女を殺害したとされた事件。

被害は自宅シャッター付のガレージで火災が発生。内縁の夫、母親、長男は難を逃れたが、ガレージに隣接する浴室で入浴中の長女の娘が焼死。

【判決】
母親と内縁の夫は死亡した長女に死亡時支払金1500万円の生命保険に契約をしていたことや400万円の借金があったこと、多額の借金もあるのに、4050万円のマンションを仮契約するなど常識を逸脱した行為に疑惑が持たれた。

逮捕の決め手は、任意の取調べで女児(娘)放火殺害を自白した事、保険金を騙し取ろうとしたとして2人は警察の取調べで犯行を自白したことだが、その後否認に転じ裁判では2人にそれぞれ無期懲役判決が下った。

 

【冤罪の証明】
その後、犯行方法に関する男の自白どおりの方法で再現実験などが行われ、2人の自白が虚偽のものであったこと、そもそもこの事件は放火ではなく自然に発火してしまったものであったことが科学的に明らかになり更には警察の拷問的な強要が立証された。

最終的には再審請求が認められ事件から21年後の2016年に無罪を言い渡され冤罪が確定。

【近隣住民の話】
・隣接した住宅からの火災で驚いたのを覚えている。
・長年、同じ地域に暮らしているが、少し風変わりな家族だった。


【被害女児に対する性的虐待
以下は朴龍晧(元被告)の事件後のコメント
「十年以上経っても、火事から子供を救助できずに死なせてしまった重い自責の念と性的虐待をした重い自責の念とが心に取り憑いていて、心が裂ける程激しく締め付けられます」

警察の捜査・検証によると亡くなった「めぐみさん」の膣内からは朴龍晧(元被告)の精液が検出された。また検証結果から、その行為におよんでいたとされるのが事件当日もしくは前日だという。

性的虐待が日常的に繰り返されていたのか単発的なことだったのか、それすら不明。冤罪は確かに許されることではない。
しかしながら、性的虐待が証明されているのに無罪とは如何なものか…
憤怒の念を禁じ得ない事件の一つだ。

事件現場には、今も花が手向けられていた。

我がガルエージェンシーは長年の調査経験と独自の調査方法で依頼者様を完全サポート致します。
調査までに無料面談をさせて頂き、依頼者様のご希望に添った調査をさせて頂きます。

依頼者様の秘密を守り、調査結果によってご満足頂ける結果を出すのがガルエージェンシー大阪の責務であります。

まずはお気軽にお電話にてあなたの心をお聞かせ下さい※ご相談は無料 0120-000-783

お問い合わせはこちら
探偵から目線で事件を追う 探偵ブログ
総合探偵社ガルエージェンシー大阪