人探しの方法。音信不通になってしまった人を見つけるにはどうすればよいの…?

今回は人探しについてです。

では早速本題に入っていきますが、
人探しの方法は大きく下記3つあります。

①警察へ依頼

②自力で探す

③探偵へ依頼

それぞれ詳しく見ていきます。

警察へ依頼

探したい相手との「関係性」や「緊急性」の有無によって受理してもらえない場合もあります。

近い関係の人しか依頼ができません。具体的には下記のような関係性です。

・親権者
・配偶者
・同居人
・恋人、婚約者
・雇用主 等

また、緊急性と言う観点では、
本人が出ていく意志を示すような内容のメモを残す、もしくは「捜索願不受理届」を本人が出している場合には受理をされず、本人が探される事を望んでいないと判断される事が多いでしょう。

自力で探す

SNSの活用や知人のツテ、ビラ配りするなど地道な方法となることでしょう。
SNSの活用については下記のようなモノが活用できると考えられます。

・Facebook
・Twitter
・インスタグラム  等

本人がSNSへ投稿した写真などを発見できれば居所のヒントになりますが、本人が意図的に行方をくらませた場合にはSNSへの投稿をする事はなかなか考えにくいです。

探偵へ依頼

相手が意図的に行方をくらませた場合には、探偵に依頼する方法が人探しを成功させる1番可能性が高いと言えるでしょう。

①で捜索願を警察に受理された場合でも非常に緊急性が高いと見なされなかった場合には積極的な捜索をしてもらえない可能性もあります。

費用については警察は依頼するのは無料ですし、自力ですと自分の交通費や通信費などにおさまります。
一方、探偵に依頼する場合には数万円〜3、40万円ほどの費用が発生すると想定されます。
依頼の費用は探したい相手の情報がどれだけ手元にあるかによって変わります。

・住所
・氏名
・職場
・写真
・身長、体重
・血液型
・身体的特徴(古傷やホクロ、刺青など)

上記のような情報が多くあれば人探しをしやすくなり、費用を抑える事が可能となります。
事前に可能な限り準備しておきましょう。

人探しする理由

人探しの理由は人によって様々ですが、事例として下記のようなものがあります。

・昔付き合っていた元彼、元彼女を探したい
 →復縁を考えたい/喧嘩別れしてしまい謝罪したい/現在どうしているか知りたい

・昔お世話になった人に御礼をしたいが連絡先や住まいが分からない

・突然連絡が取れなくなった交際相手や配偶者を探したい
 →お金を持ち逃げされたり、不倫をされて行方が分からなくなった

・配偶者の不倫相手の居所を探したい

・成人した子供と連絡が取れない

上記のような理由で人探しを依頼する人もいらっしゃいますが、
警察や探偵に依頼したとしても依頼を断られる場合があります。

それは依頼者がストーカーやDV加害者であるなど、捜索相手に被害が発生する可能性がある場合です。
そういった場合以外には、一度人探しの手段として探偵への依頼は大いに検討の余地があると思います。

無料相談で一度お話ししてみてはいかがでしょうか。

我がガルエージェンシーは長年の調査経験と独自の調査方法で依頼者様を完全サポート致します。
調査までに無料面談をさせて頂き、依頼者様のご希望に添った調査をさせて頂きます。

依頼者様の秘密を守り、調査結果によってご満足頂ける結果を出すのがガルエージェンシー大阪の責務であります。

まずはお気軽にお電話にてあなたの心をお聞かせ下さい※ご相談は無料 0120-000-783

お問い合わせはこちら
ガルエージェンシーとは
総合探偵社ガルエージェンシー大阪