探偵の浮気調査の方法を紹介

配偶者や交際相手の言動に違和感を持った場合、懸念すべき事項の一つとして浮気や不倫が挙げられるでしょう。

まずは、浮気や不倫をしている場合の特徴的な行動を挙げておきます。

・普段の行動ルーティーンとは違う事をするようになる。
 例:出張や残業が急増する/帰宅後すぐに入浴するようになった

・以前より見た目に気を配るようになる。
 例:下着を新品に買い揃えたり、特定の曜日は綺麗な物を着用する/服装の系統が変わる

・携帯を肌身離さないようになる/逆に携帯を触らなくなる
 例:トイレや浴室まで携帯を持ち込むようになる/配偶者や交際相手の前では電話に出なくなる

・予定を頻繁に確認するようになる。
 例:帰宅時間や週末の予定など、細かい予定を確認する。

このような行動が何度も見受けられた場合には浮気をしている可能性が高いでしょう。

相手との関係性によってどのように対処していくべきかも変わりますが、相手に慰謝料を求めたいと考えた場合には探偵を検討しても良いでしょう。

探偵の浮気調査の方法

では、探偵はどのようにして浮気調査を行うのでしょうか。
探偵業として調査する方法は大きく3つで「聞き込み」「尾行」「張り込み」です。

聞き込み

名前の通り、調査相手の周辺の人へ聞き込み調査を行う手法です。調査相手の周辺情報を集めるのが目的で行いますが、本人にも必要があれば直接聞き込みをします。(リスクが高いので殆ど行いません)

対面だけでなく電話での聞き込み調査を行う事も現在では増えてきています。

尾行

調査相手の行動を把握したり、浮気をしている場合には証拠となる写真を撮影したりします。移動手段が徒歩の場合は相手に気付かれないように3〜10メートルを保ち、追跡します。その間、どこか建物に入った場合にはその周辺で待機しなくてはいけないので、体力・忍耐力、集中力が必要とされます。

また、移動手段が車の場合は探偵も車やバイクなどを使用して追跡をします。
調査相手が出張と称して、浮気相手と旅行に行っている場合には移動距離によりますが、時間がかかるため調査費用が高くなる傾向になります。この車やバイクの追跡も非常に技術が必要とされ、運転技術は勿論、相手にバレないように細心の注意を払う事が必要とされます。

張り込み

探偵が行う張り込み方法は、「車両張り」と「立ち張り」に分かれます。

車の中で張り込みをする場合は、車を駐車していても問題のない場所や、不自然ではない場所、通報されない場所を限定して行います。
たいていの場合、運転席や助手席ではなく後部座席に座って張り込みを行いますが、道路の状況によってはエンジンをかけた状態で助手席に座り、待ち合わせしているかのようなシーンを演出することもあります。

立ち張りでは、その場に溶け込み、どのような悪天候や酷暑だったとしても、トイレも我慢しながらずっと張り込み続けます。
テクニックだけではなく、ターゲットがいつどこから出てくるか分からないので、相当な忍耐力と、長時間耐えることができる集中力、体力が必要になります。

探偵を選ぶチェックポイント

上記のような調査をするにあたっては、やはり高い技術力が求められます。安心して任せられる、高い技術力を持っている探偵事務所を選ぶポイントを挙げていきます。

・料金体系がはっきりとしている
・調査方法をきちんと説明してくれる(違法行為でない調査方法のみで提案してくれる)
・過去の調査実績などを説明してくれる

などです。

調査方法については、違法行為を含めて提案される場合がありますが、そういった探偵事務所は避けた方が賢明でしょう。

まずは探偵を頼るかどうかも含めて検討したい場合には無料相談に行ってみると良いでしょう。その際に上記のような内容を質問して、探偵選びをする基準とすることをお勧めします。

我がガルエージェンシーは長年の調査経験と独自の調査方法で依頼者様を完全サポート致します。
調査までに無料面談をさせて頂き、依頼者様のご希望に添った調査をさせて頂きます。

依頼者様の秘密を守り、調査結果によってご満足頂ける結果を出すのがガルエージェンシー大阪の責務であります。

まずはお気軽にお電話にてあなたの心をお聞かせ下さい※ご相談は無料 0120-000-783

お問い合わせはこちら
浮気・不倫 浮気調査・素行調査
総合探偵社ガルエージェンシー大阪