妻/夫が不倫相手と失踪。離婚の手続きを取るためには?

妻/夫が不倫相手と失踪した場合、どうすれば良いのでしょうか?

最近では元中日コーチの門倉氏も不倫相手と失踪したと噂されています。
財布や携帯も持たず、失踪先もわからず連絡をつけることもできない状態だったそうです。

もし、あなたの妻/夫が同じように居所も連絡先も分からない状態になってしまった場合はどうしますか?

失踪するような相手には思い入れもない、さっさと離婚したいのに連絡をつけようもない…。
そんな場合の対処法をお伝えします。

妻/夫の職場へ訪問・連絡する

まずは相手と連絡をつける事を考えた場合には、転職をしていない限りは職場に連絡をつけることが良いでしょう。

妻/夫も体面がありますから職場へ連絡があったり、職場への訪問をすることで連絡をつける事ができる可能性が高まります。

一度連絡がつけばその後は粛々と離婚に向けての話し合いができるでしょう。

離婚裁判を起こす

残念ながら、職場経由でも連絡がつけられない場合には離婚裁判を起こす必要があります。

離婚裁判を起こし、認められれば離婚が成立します。

認められるパターンとしては、「配偶者の生死が3年以上明らかでないとき」とされています。

 

失踪した場合に離婚をするために必要な対応としては上記のパターンですが、
失踪から戻ってくる場合も考えると、まず行うべきこととしては相手が有責であるための証拠を集めることです。

用意しておくべき事としてはやはり不倫の証拠です。

不倫の証拠として認められるものはいくつか種類がありますが、昨今では個人情報保護やプライバシーの観点から証拠集めをするにも法的に問題がない集め方をしなければ逆に不倫をされた側の立場が弱くなってしまう場合もあります。
下手をすればプライバシーの侵害や住居侵入などで訴えられてしまう等のリスクがあります。

法的に問題なく、かつストレスを軽減しながら夫の不倫の証拠を集めるには、プロである探偵事務所に相談をする事をお勧めします。

まずは初回無料での相談を受けてくれるところも多く、お金についても予算内でどこまで出来るかなどしっかり打ち合わせをすることができます。

そして、キチンと実績があるかどうかで見極めた上で、どの探偵事務所に依頼をするかを検討すると良いでしょう。

我がガルエージェンシーは長年の調査経験と独自の調査方法で依頼者様を完全サポート致します。
調査までに無料面談をさせて頂き、依頼者様のご希望に添った調査をさせて頂きます。

依頼者様の秘密を守り、調査結果によってご満足頂ける結果を出すのがガルエージェンシー大阪の責務であります。

まずはお気軽にお電話にてあなたの心をお聞かせ下さい※ご相談は無料 0120-000-783

お問い合わせはこちら
人探し・行方調査 浮気調査・素行調査
総合探偵社ガルエージェンシー大阪